〜 雪月花に遊ぶ 〜
展覧会のお知らせ◇二見光宇馬

 

 

 

陶仏作家、「二見光宇馬」氏の展覧会が

明日から都内にて開催されます。

 

京都に工房を移され 更なる境地から生まれ出づる

温もりに満ちた作品の数々。

 

ご興味のある方、

ぜひ会場に足を運んでみてはいかがでしょう。

 

 

 

............................................................

 

2016年10月12日(水) 〜 18日(火)

 

日本橋眦膕亜。恭 美術工芸サロン

午前10時30分 ~ 午後7時30分 

※ 最終日は午後4時まで

 

東京都中央区日本橋 2-4-1

代表 tel : 03-3211-4111

 

............................................................

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:04 芸術 comments(0) trackbacks(0)
入荷のお知らせ◇二見光宇馬氏の陶仏

 

 

 

皆様に大変ご好評いただいております

二見光宇馬さんの仏様。

 

 

 

今回も魅力あふれるお顔ぶれが

多数届きました。

 

 

静かに

 

優しく柔らかな時間が流れています。

 

 

心癒されるひとときを

お過ごしいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 作品はほんの一部です。

 

 

 

 

 

 

【 商品に関するお問い合わせ 】

 

『籠や』

tel : 0284-43-3668

e-mail : kago-ya@watv.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20:50 芸術 comments(0) trackbacks(0)
二見光宇馬 氏の 「 小さな陶仏 」


 

 ー やさしい光を放つ 小さな小さな仏さま  


 





二見光宇馬(ふたみこうま)氏の手によって

「無心」につくり出される陶仏たちは

ふたつと同じものはありません。


どの表情においても、やさしく清々しく

そして、見る者を自然に笑顔へと誘ってくれるのです。


陶土より生み出される 

彼の「心の中のほとけさま」 は

 日々形となって私たちを見守ってくれているかのようです。


小指よりも小さな作品から大きさはさまざまで

そのすべての仏さまは、実に生き生きとして

慈愛に満ち溢れています。




このたびよきご縁のもと、二見氏の作品を

常設にてご紹介をさせていただくことになりました。



皆様と共に、この美しく優しい光を分かち合えたならと

心より念じております。



たくさんの笑顔に出会えますように・・・






『籠や』 籾山瑞枝










 
 

 





 

 



 


 


 


 



 

 



 






【 お問い合わせ 】


『籠や』

tel : 0284-43-3668

e-mail : kago-ya@watv.ne.jp






































 











 
15:32 芸術 comments(0) trackbacks(0)
「相田みつを」特別展のご案内


『にんげんだもの』・・でおなじみの足利市出身のこころの詩人
「相田みつを」さんの特別展が
現在、足利市立美術館にて開催されています。

2012年1月7日(土)〜2月12日(日)

今回、没後20年記念ということで、初期の作品から絶筆に至るまで
100点ほどに及ぶ展示はかなり見ごたえがあります。
また、当時の愛用品や彼のデザインによる地元商店の包装紙や
興味深い品々も展示されています。
かつてここ(現在の籠や)の玄関にも掛けられていたと思われる
「相田デザイン研究所」という看板も展示されていました。

相田みつをさんと言えば、若かりし頃から
短歌に親しんでおられたことはよく知られていますが
彼の作品のベースとなっているのは「禅」の思想。

人間のこころと生き方を追及したそのコトバたちは、
どんな方にもやさしく、親しみやすいかたちで表現されています。

会場で、私が個人的に、「なんて素敵〜!!」と
思わず声にしてしまったのは、
当時ふたりの幼いお子さんのために作ったという、
ろうけつ染めの小さな掛け布団。
一枚には、『月の砂漠』、
もう一枚には『ゆりかごの歌』の詩が

ふとんいっぱいに大きく描かれていました。
我が子への愛情の深さが伝わる作品でもあります。

お時間のある方、相田作品に興味のある方
この機会にぜひ、足を運んでみてはいかがでしょう。

それから、29日(日)には、相田みつをさんの長男である
相田一人氏(相田みつを美術館・館長)による
ギャラリートークも急遽開催されるようです。
父相田みつを氏の貴重なエピソードや
ユーモアにもあふれた楽しいトークは、毎回内容も違うもよう。

〔ギャラリートークスケジュール〕
1月29日(日) 
・ 1時30分〜
・ 2時30分〜
・ 3時30分〜

〔講演会〕
会場:足利商工会議所1F友愛ホール
「父 相田みつを と足利」
2月5日(日)
・2時〜(無料)






00:01 芸術 comments(0) trackbacks(0)
美しいブログ


 
まるで写真集のような
素敵なブログで
多くのファンを持つCindyさん。

先日、『籠や』の記事も
素敵な物語、そして音楽と共に
紹介してくださいました。

どこを切り取っても
美しさと優しさに溢れた
Cindyワールド。
ぜひご堪能あれ!
あなたもきっと、引き込まれますよ♪

『Wakin’ With Cindy』


Cindyさん!、ありがとうございます!!

23:58 芸術 comments(2) trackbacks(0)
Viva Japan 足利魂


昨夜、地元のライブハウスにて
チャリティーイベント
「Viva Japan 足利魂」が行われました。

東日本大震災により被災された方々の支援と
地域経済の活性化が目的のイベントです。
たくさんのアーティストによる
さまざまなジャンルによるライブは
どれも素晴らしく、やはり、音楽には
魂を発動させる何かがあるなぁ・・と
と改めて思いましたね。

笑顔がたくさん集まった夜に心から感謝を。
第二弾、第三弾も期待しちゃいます!

では、一部の様子をご紹介♪



20:23 芸術 comments(4) -
炉開き
 

11月は、お茶の世界ではお正月。
半年振りに炉を開き、
新茶の封印をきってお客様をもてなします。
茶人にとっては、
心新たにする大切な月といえるでしょう。

いつまでも初心を忘れることなく
精進あるのみ・・・ですわ。

「 その道に入らんと思う心こそ我身ながらの師匠なりけれ  」 (利休百首より〜)

23:28 芸術 comments(0) -
お茶会に







秋のお茶会に行って参りました。

それぞれに趣向を凝らしたお席

目にも心にもご馳走です。

毎回勉強になります。







17:43 芸術 comments(0) trackbacks(0)
癒しの音色

 


     〜 里山の古民家でケーナを楽しむ秋の夕べ 〜

     気まぐれに月が見え隠れする土曜の夜
     足利市名草にある、築150年の古民家を移築した施設「ふるさと交流館」にて
     ケーナ奏者Renさんのコンサートが行われました。
     ピアノ演奏は原直子さん。

     今回のコンサートは里山の会の皆さんの熱意により実現したもので
     手作りの灯篭や揺れるススキに会場の夜は美しく彩られ
     まるで山や川や動物たちにも見守られているかのような・・そんな中
     ケーナとピアノの音色は、しっとりと周囲の山々にも響き渡りました。
     自然の中での演奏は、室内とはまた違った趣がありますね。
     月が雲の向こうに休みはじめたあとは、まさに漆黒に浮かぶ幻想の世界。
     人も自然も共にケーナの音色と一体になれたようなそんな素敵な一夜でした。     
          
          Renさんは地元出身の演奏家で
          日本では数少ないケーナ奏者として現在活動されています。
          ケーナは、南米の民族楽器として知られていますが
          彼は、他のどの演奏家とも違う色合いの
          独自の世界を展開していらっしゃいます。
          その美しく、魂に沁み入るようなケーナの音色は
          これまでも多くの人々を魅了し
          その音色に涙する人も少なくありません。
          特にオリジナルの楽曲は
          美しい郷愁の世界へと聴く人々をいざない
          心地よい余韻を心の奥底へともたらしてくれます。

          そんなRenさんのコンサート、聴いてみたいと思われる方
          ぜひ一度コンサート会場に足を運んでみてはいかがですか?
          あたたかな癒しのひとときが,きっとあなたを包み込んでくれるはずですよ!


         Renさんに関する情報はコチラ ↓
         http://www.all-ido.com/ren/index.htm

01:28 芸術 comments(2) trackbacks(0)
ALMA

夕方の空は鱗雲がきれいでした。

よく晴れた、秋の夜
満天に輝き満ちた月夜のように明るい星の夜を
「星月夜」というのだそうです。

星を見るために、
深い空に出合うために
旅にでる

そんなの、あこがれるなあ・・・

いつの日か行ってみたいナ

この曲を聴いていると、そう思うのです。

 『 ALMA 』   ACIDMAN


視聴はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=vOKaVJp5GQU&feature=player_embedded





※ ALMA(アルマ)とは、スペイン語で
「こころ」  「たましい」  「いとしい人」
という意味があるそうです。

21:35 芸術 comments(2) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
SPONSORED LINK